産後抜け毛をすぐ治す

産後抜け毛の改善には何が必要?

産後の抜け毛に悩む女性は多くいらっしゃいます。かくいう私も一人目の子どもを産んでから急激な抜け毛が起こりました。ある日シャワーを浴びていて、ふと排水溝を見るとものすごい量の抜け毛がドッサリ…!

 

その日以来、今まででは考えられない量の抜け毛が起こり、どんどん髪のボリュームがなくなって、つむじもうっすら透けてくるようになりました。

 

出産後3か月で大量の抜け毛が
出産後、3か月ほどで一気に抜け毛が始まり、つむじがどんどん薄くなりました…

 

産後の抜け毛なんて知りませんでしたから、本当に焦りました。何かの病気なのでは…このままハゲてしまうのでは…そんな風に思い詰めていましたが、このままではいけないと思い、原因などをいろいろ調べました。

 

産後は女性ホルモンバランスが急激に乱れる

 

すぐに抜け毛を減らしたい一心でいろいろ調べていたところ、産後の抜け毛は女性ホルモンの減少が原因であることがわかりました。

 

エストロゲンの減少が産後脱毛症の原因

参考:A new life - from conception to adulthood: development of a new human being(http://www.corpshumain.ca/en/NouvelleVie_en.php

 

↑のグラフは、妊娠直後から出産後までの女性ホルモン分泌量のグラフです。英語なのでわかりにくいかもしれませんが、「Estrogens」はエストロゲン、つまり女性ホルモンのことです。出産を境に急落していることがわかると思います。

 

女性ホルモンは主にプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)の2種類ですが、このうちエストロゲンは美肌効果や胸のラインの形成、さらには毛髪の形成に役だっています。「妊娠中は髪が濃くなった」という女性もいますが、これは出産までの間、エストロゲンの分泌量が増えていったためです。

 

ところが、出産後は女性ホルモンの分泌量が一気に低下してしまいます。髪の毛の形成に役立つ女性ホルモンが一気に失われてしまうわけですから、当然大量の産後抜け毛が発生してしまうのです。

 

ただ、女性ホルモンはいずれ元に戻るので、産後の抜け毛もそのうち治るを言われています。私はそれを聞いて、「それなら放置してもいいか」とも思いました。

 

ですが、2人目以降の出産、もしくは高齢出産(35歳以上の出産)の場合は、産後の抜け毛が治らずにずっと薄毛になるケースが多いというのです。ときおり、年配の女性で髪のボリュームが少ない方がいますが、私は「年のせいかな」と思っていました。しかし、産後の抜け毛が改善せず、薄毛のままになっている女性も多いというのです。私は36歳での初産だったので、産後の抜け毛が治りにくい年齢です。もし二人目を生んだら、さらに抜け毛が進行する可能性もあります。

 

また、出産してから数か月後、短期間でいきなり大量の産後抜け毛が発生するため、私のような初産の女性にとっては衝撃の体験となります。それがストレスになってしまい、頭皮に悪影響を与えてさらに抜け毛が進むケースもあり、産後の抜け毛は放置してはいけない問題だと知りました。

 

具体的な対策は何?

産後抜け毛対策でパッと思いついたのは、育毛剤でした。私の父がハゲで、いつも育毛剤を頭につけていたからです。

 

でも、父はいつまでたっても薄毛だったので、「育毛剤なんて効かないんだな」と思っていました。

 

私と同じく、育毛剤と聞くと、どうしても「ホントに効くの?」というイメージを持っている人は多いと思います。

 

確かに、男性の薄毛の場合、主な原因が「遺伝」のため育毛剤では解決が難しいことも多いです。ですが、産後の抜け毛の場合は「女性ホルモンの分泌量の乱れ」が原因となります。女性ホルモンの分泌を改善する成分ははっきりしているので、有効成分を含んだ育毛剤であれば効果が見込めるのです。

 

また、男性の場合と違い、ずっと育毛剤を使い続ける必要はありません。男性の場合は最低でも数年、基本的にはずっと使い続ける必要があります。しかし、産後脱毛症の場合は産後の抜け毛が改善するまでの数か月~半年程度利用すればよいので、コスト的にもそれほど負担にはなりません。事実、私は育毛剤を使うことで半年程度で目に見えて改善しました。

 

ただ、私が心配だったのは

 

「効かなかったらどうしよう?」

 

という問題です。

 

育毛剤もタダではないので、もし効果がなかったら損をしてしまいますよね。でも、その点も心配ありませんでした。

 

女性用育毛剤の場合、産後の抜け毛の効果に自信があるため、数か月にも及ぶ返金制度を設けているところもあるんです。そのため、「もし効かなかったらどうしよう…」というリスクも回避できます。

 

注意点としては、副作用や赤ちゃんへの影響を考慮することです。

 

育毛剤は最短でも一か月置いておくものですから、商品によっては添加物や保存料が入っていることがあります。そういったものは体への副作用が心配なほか、赤ちゃんへの影響も考えられるので避けなければいけません。

 

また、育毛剤の効果には個人差があります。そのため、万が一効果を感じなかったときのために返金制度が必須となります。

 

なので、産後の抜け毛対策に効果のある育毛剤の条件は以下の3つです。

 

「女性ならではの育毛成分」
「添加物・保存料なし」
「返金制度完備」

 

これらの条件を満たした育毛剤を下記にてご紹介します。

 

ベルタ育毛剤

 

葉酸サプリや妊娠線クリームでおなじみの「ベルタ」ブランドが発売している女性専用の育毛剤です。私が使ったのもこのベルタ育毛剤で、効果を実感しました。

 

私がいいなと思ったのは、有効成分がナノ化されている点です。ただ単に有効成分が含まれているだけでなく、極小サイズの粒になっているためスルッと毛穴から浸透し、毛母細胞に届くのです。

 

しかも、ベルタ育毛剤は90日間の完全返金保証付きです。育毛剤は効果に個人差があるので、万が一効かなかったら…という心配がありますが、ベルタ育毛剤の場合はそんな不安は一切ありません。私が購入する決め手になったのもこの返金制度です。

 

ベルタ育毛剤体験レビュー

 

私がお世話になった育毛剤はベルタ育毛剤なので、使用感をレポします。

 

 

左の大きい容器が育毛剤、そして右がクレンジングとなっており、セットで届きます。

 

 

育毛剤は無色で、ニオイも全然ありません。ちょっとトロっとしていますが、頭皮によく広がるための配慮だと思います。刺激もないので、頭に塗っても何も感じません。

 

 

使用3か月後の画像が↑です。髪がぐんぐん生えるというよりは、抜け毛がぐっと減るという感じです。シャンプーしたときの抜け毛が明らかに減りました。抜け毛が減るので、自然に生える髪の毛のおかげでだんだんボリュームが戻る印象です。おかげでつむじの透けるような感じがなくなりました。

 


ちなみに、ちょうど3本目に突入したころに効果が表れ始めました。返金期間は90日間。つまり3本使い切っても返金申請ができるので、安心して取り組めます。

 

ベルタ育毛剤の特徴

 

1, 有効成分のナノ化(超微粒子化)が行なわれているので、頭皮から毛穴、毛母細胞へとしっかり浸透する。
2, 女性の抜け毛(産後抜け毛を含む)の効果や安全性について、厚生労働省の認可を得ている。
3, 90日間の完全返金保証付き!
4, 無料電話サポートが充実しており、同じ悩みを克服した女性担当者からのアドバイスを受けられる。

 

↓公式サイトはこちら↓
http://belta-shop.jp/

 

 

 

私はベルタ育毛剤で改善できましたが、他にも育毛剤はあるのでご紹介しますね。好みで選んでみてください。

 

マイナチュレ

 

産後抜け毛はもちろん、女性ならではの薄毛全般に効果のある女性専用育毛剤が「マイナチュレ」です。

 

とにかく知名度が高く、評判もよいのが特徴です。もちろん有効成分も40種類以上配合されており、女性の産後抜け毛に効果が見込めます。

 

90日間の返金制度もあり、こちらも安心して取り組める育毛剤の一つです。

 

マイナチュレの特徴

 

1, 有効成分を40種類も配合
2, 90日間の完全返金保証付き!

 

↓産後抜け毛にも効果がある「マイナチュレ」の公式サイトはこちら↓
http://www.my-nature.jp/

 

黄金樹

 

400万本売り上げ達成の人気女性育毛剤が「黄金樹」です。かんきつ類の成分を採用しており、毛母再生をサポート&頭皮を柔らかくして産後抜け毛に対抗します。当然産後のケアとしても人気が高いです。

 

返金制度は初回の30日となりますが、定期コースに回数縛りがないほか、初回半額なので手軽に利用可能なのがうれしいところです。

 

黄金樹の特徴

 

1, 女性の薄毛に効果がある柑橘系成分を採用
2, 初回半額で格安購入可能!

 

↓かんきつ系の成分がうれしい「黄金樹」の公式サイトはこちら↓
https://www.ougonjyu.jp/

育毛剤の選び方は?

 

育毛剤を3つも紹介されたら迷っちゃう!という女性も多いと思いますので、ここではそれぞれの商品を比較します。

 

まずは↓の比較表をご覧ください。

 

  ベルタ育毛剤 マイナチュレ 黄金樹
定価 8,980円 5,095円 7,344円
初回購入 3,960円 3,790円 3,672円
定期コース 4,980円 4,742円 5,880円
頭皮ケア成分 56種類 41種類 みかん140個分
ナノ化 32種類 × ×
香料・添加物 ナシ ナシ ナシ
返金制度 90日間(完全返金) 90日間 30日間
知名度 ★★★ ★★★★★ ★★★★
公式サイト >>公式サイト >>公式サイト >>公式サイト


・ベルタ育毛剤

 

成分の浸透力や返金保証にこだわる方向け

 

ベルタ育毛剤はまだ発売されたばかり(2015年1月発売)のため知名度は低めです。しかし、有効成分のうち32種類ナノ化などの先進的な機能を持っており、なおかつ電話サポートや90日間完全返金保証など多くの手厚いサービスを備えているのが魅力です。

 

・マイナチュレ

 

知名度・実績を重視される方向け

 

成分のナノ化などはありませんが、40種類以上の有効成分を配合しており機能面は十分。なんといっても知名度が高く評判がよいので安心感があります。

 

もちろん90日間の返金制度もあります。

 

・黄金樹

 

価格面・成分面を重視する方向け

 

柑橘系の成分を含んだやさしい育毛剤なのが黄金樹の特徴。また、価格面でも初回半額などの特徴があり、手を出しやすいのもうれしい点です。

 

400万本売り上げという実績も頼もしいです。

 

 

産後抜け毛 危険度診断

 

 

自分の産後の抜け毛の状態がどうなるか、かんたんにわかる診断を用意しました。

 

各質問を入力して「送信」を押すと、あなたの産後の抜け毛の状態がわかるようになっています。参考程度に試してみてください。

 

産後の抜け毛危険度チェック

*必須
*年齢はいくつ? 10代  20代  30~35歳  35~40歳  40歳以上 
*普段の髪形は? ショート、ミドル  ロング  超ロング  ポニーテールなどの結ぶ髪形 
*シャンプーは1日何回? 毎日朝晩の2回  朝か夜に1回  2日に1回程度  3日以上に1回程度  週に1回程度 
*パーマやカラーの使用頻度は? したことがない  年に1回程度  美容室に行くたびにする  自宅でもひんぱんにする 
*スタイリング剤の使用頻度は? 使わない  イベント時のみ使う  出かけるたびに使う 
*好きな料理は? 野菜中心の料理  魚介類中心の料理  肉中心の料理 
*睡眠時間は? 8時間以上たっぷり寝る  7時間程度  5~6時間程度  4時間以下 
*ストレスはある? ほぼ感じない  時たまイラっとする  よくイライラしてしまう  常にイライラしている 
*産んだのは何人目の子ども? 初産  2人目  3人目以降 

  

 

産後の抜け毛の特徴

いきなり大量の抜け毛が起こるのが産後脱毛症です。できれば産後にこんなことは起きてほしくないですし、もし産後抜け毛が始まってしまっても、できるだけ症状を抑えたいところですよね。

 

そのためには、特徴を知ることが重要です。

 

産後の抜け毛の主な特徴は以下の通りです。

 

抜け始めるのは出産してから約3か月後
・短期間で大量の髪の毛が抜けてしまう
・初産よりも、2人目、3人目の方が重症化しやすい
・出産後のストレス、抜け毛のストレスによって円形脱毛症を併発することがある
・普通は産後1年程度で収まるが、ケアを怠ると長期化することも
・髪の毛だけでなく、その他の体毛も抜け落ちることがある
高齢出産だと自然に治らないこともある

 

原因が「女性ホルモン分泌量の乱れ」なので、ある程度の期間(1年程度)をおけば徐々にホルモンバランスが安定してきて、産後抜け毛も改善されていき、だんだんと元のボリュームに戻っていくのが一般的です。平均1年程度で元の髪の毛の状態に戻ると言われています。

 

しかし、出産後はただでさえストレスの多い時期です。そこに大量の抜け毛という問題が重なり、強いストレスによるさらなる抜け毛が発生し、円形脱毛症などにつながる場合も多々あります。

 

また、順調に行っても産後から半年~1年程度はどうしても症状が発生してしまうため、その間はオシャレを楽しんだりすることができません。それに、その期間に次の妊娠~出産を行うと、また改善までの期間が延びてしまうことにもなります。2人目・3人目と出産すると重症化しやすいほか、さらに、高齢出産の場合は治らずにそのまま・・・というケースも多く見受けられます。

 

そのため、なるべく早く改善するためには、早めの対策が必須となるのです。

 

予防目的なら出産前からの対策が重要ですし、産後に発症してからでもできるだけ早い対策が早期改善のポイントとなります。

 

産後抜け毛の解決方法は?

産後抜け毛の解決方法

 

ずっと暗い話をしてきたので、「産後の抜け毛、治らないかも…」なんてことを思ってしまったかもしれません。

 

ですが、改善自体はそんなに難しくはありません。

 

すでに説明している通り、産後の抜け毛は

 

女性ホルモン分泌量が下がる

 

ことによって起こることがわかっています。したがって、

 

女性ホルモン分泌量が下がる → 女性ホルモン分泌量の安定化

 

↑を実現できれば解決することになります。とてもシンプルな方法で改善できるわけです。

 

 

どうすれば女性ホルモンの分泌を改善できるの?

 

出産による女性ホルモン分泌量が低下は避けようがありません。なので、産後の抜け毛改善のカギは、出産後低下してしまった女性ホルモンバランスの乱れに対していかに早く対策するかにかかっているのです。

 

最も手っ取り早い方法は、女性ホルモンの代わりになる成分を、外から摂りこむことです。体の外から『補充』することで、減ってしまった女性ホルモンを補うのです。

 

かといって、食事で補うのには限界があります。たとえば大豆には、イソフラボンと呼ばれるエストロゲンによく似た成分が含まれており、適切に摂取すると美肌効果やバストアップなどができることは広く知られています。

 

じゃあ大豆を食べればいいのか?というとそんなことはなく、食事によって摂取したエストロゲンは体全体を巡ってしまうので、頭皮に作用する分がごくわずかになってしまうのです。頭皮は皮膚全体の9%しかありませんので、単純に行っても1/10程度しか効果を発揮しないのです。

 

だからといって大量に大豆を食べる、というのもよくありません。イソフラボンは体にいいものとされていますが、大量に食べたらどんなものでも害になってしまうからです。

 

なので、有効成分を食べて補うのは産後の抜け毛に関しては効果がありません。

 

頭皮にきちんと作用させるには、有効成分を頭皮から直接取り込むしかありません。

 

育毛剤で大切なこと

 

「結局、育毛剤は効くのでしょうか?」

 

これは誰しもが不安に思う点だと思います。

 

育毛剤とは、頭皮の保湿や血行促進、頭皮の炎症抑制などをサポートすることで、育毛を促す商品です。また、産後の抜け毛の場合は女性ホルモンの分泌の乱れが原因であるとはっきりしているので、分泌量を安定化させる作用も必要となります。

 

とはいえ、抜け毛に関しては改善がみられる女性と、みられない女性がいるのは仕方のないことです。

 

というのも、髪を生成する毛母細胞は皮膚の奥にあるので、育毛剤をつけても浸透するまでに頭皮を流れ落ちたり、蒸発してしまったりするためです。では有効成分の濃度を増やせばいいのでは?と思われるかもしれませんが、浸透する可能性は高まるものの、頭皮の負担となってかぶれてしまうなどのリスクもあります。

 

なので、育毛剤を選ぶ際に重要なのはやはり有効成分がきちんと入っているか、そしてそれが浸透するかにかかっているのです。その点、ベルタ育毛剤はセンブリエキスなどの有効成分がナノ化(通常の1/1000程度の大きさに縮小)されているため、すんなりと毛穴に入って毛母細胞に浸透することができるのです。そういった意味では、女性の産後抜け毛に最も効果的で、なおかつリーズナブルなのはベルタ育毛剤であると言ってもよいくらいです。

 

プロペシア、ミノキシジルは危険?

 

男性の抜け毛・薄毛(AGA)でよく聞かれる成分としてプロペシア、ミノキシジルがあります。いずれも医薬品で、男性の薄毛に対して効果が正式に認められています。

 

では女性に関してはどうか、というと、まったくオススメはできないと言わざるを得ません。

 

まずプロペシアに関しては、女性の使用は完全にNGです。副作用の心配が強く、女性は触ることすら推奨されません。妊娠中の妊婦だとお腹の赤ちゃんが男児だった場合発育に影響するとすら言われており、当然産後抜け毛対策として服用するのはもってのほかです。

 

次にミノキシジルですが、こちらは女性の育毛・発毛に関して、唯一認められている医薬品となります。毛母細胞に作用し、髪の成長を早める作用があります。

 

ただ、もともと血圧降下剤として使用されていたもので、たまたま発毛作用が認められたために育毛成分として使用されはじめたというシロモノになります。当然、血圧降下作用があるわけで、副作用の心配は無視できません。特に産後の抜け毛となれば、赤ちゃんへの影響が心配になりますから、絶対に避けたほうがいいでしょう。

 

産後抜け毛に関する口コミ

 

当サイトは、産後抜け毛に関する口コミ投稿を募集しております。下記フォームにてご投稿できますので、どしどしお寄せください。

 

なお、いただいた投稿はこちらのコーナーに掲載しております。ぜひご覧になって参考にしてください。

 

※公序良俗に反する内容などは掲載できません。あらかじめご了承ください。