髪の毛をドライヤーで乾かす方法~焼けやヤケドを起こさない~

髪の毛をしっかり乾かすメリット

髪の毛を洗ったあとは、ドライヤーで乾かすことを考える人がほとんどでしょう。しかし、中には洗ったまま放置して自然乾燥させる人もいます。しかし、自然乾燥は避けたほうがいいでしょう。水分を自然乾燥させると、髪に必要な水分もまるごと持ち去ってしまうので、頭皮の感想が進んでしまうことになります。

 

また、夏は頭皮がムレやすく、髪を濡れたままにしていると皮脂と水分がまざって頭皮には常在菌の増殖を招き、善玉菌が悪玉菌となってしまうことがあります。

 

>>頭や髪の毛のダニや細菌がかゆみを引き起こす?

 

また、濡れたままだとキューティクルも開いたままになるので、髪のダメージが大きくなります。

 

ただ、お風呂から出たままの状態でドライヤーをかけるのもNGです。まずはしっかりとタオルドライをして、水分をできるだけ取り除いてからドライヤーをかけるようにしましょう。

 

また、ドライヤーの温風は髪にとっては熱すぎてたんぱく質を分解してしまうことがあるので、吹き出し口を髪に近づけすぎないようにすることも大切です。

 

髪の毛の乾かし方

髪の毛をドライヤーを使って乾かす際の注意点をご紹介します。

 

やさしくタオルドライをする

タオルドライには、ドライヤーを使う時間を短くし、髪へのダメージを減らす効果があります。方法としては、まずタオルで髪の毛をはさみ、毛先の水を切ります。その後、髪をはさみこむようにしてポンポンと優しくたたき、水分を拭き取っていきます。

 

強くこすっても水分は摂れませんし、髪の毛のキューティクルを傷つけることになるのでやめましょう。

 

髪を立ち上げて乾かす

濡れている髪はキューティクルが傷つきやすいので、ブラシを使わずに手で乾かします。ロングヘアの人は、髪を少量とって持ち上げて、根元に風をあてるようにすると、キューティクルが傷つきにくく、なおかつボリュームを出しやすくなります。後頭部は乾かしにくいですが、同様に髪を立ち上げるようにしてしっかりと乾かしましょう。

 

ドライヤーはしっかりと離す

ドライヤーから吹き出る温風は、髪のタンパク質を分解する温度よりも高く設定されています。なので、吹き出し口を髪の毛のすぐ近くにもっていくのはNG。10~20センチほど離して、根元からあてるようにすることで、すばやく乾かすことができ、熱の影響も最小限に抑えることができます。また、キューティクルが閉じて保湿力が増し、髪の毛のまとまりが出やすくなる効果もあります。

 

ドライヤーにノズルが付いていることがありますが、これは熱風から髪を遠ざけるためについています。なので、外して使わないようにしましょう。