予防する方法~食べ物やストレス~

産後の抜け毛予防は食べ物などの生活習慣が重要

産後の抜け毛予防は、頭皮環境のを整えることから始まります。これは産後に限らず、加齢による抜け毛などでも同じことですが、髪が頭皮と言う「土壌」から生まれてくるものです。栄養満点の土壌には立派な植物が育つものですが、栄養不足のやせた土地では植物はうまく育つことができません。髪の毛もそれと同じで、すくすくと育つには健康な頭皮が必要不可欠なのです。

 

頭皮環境を整える方法はいろいろありますが、考え方は1つだけしかありません。それは、髪の毛を育てるのに必要な栄養素をしっかりと与えてあげることです。髪の毛も細胞から成り立っているので、必要な栄養素や酸素がいきわたらないと成長は止まってしまいます。

 

そこで重要なのがまず血行について。細胞に栄養素や酸素を運搬するのが血液です。血行をよくすることが、頭皮環境のケアの第一歩となるでしょう。

 

そして、頭皮が汚れていたり、皮脂が毛穴につまっていたり、頭皮が乾燥してしまうのもよくありません。これらの要因は頭皮に負担となります。水不足となったり、雑草が生えている土壌では植物が上手く育たないのと同じことです。頭皮はできるだけ清潔にたもち、適度に保湿することが重要となるのです。

 

産後抜け毛予防のポイント

 

栄養素をしっかりと与える

 

先ほども書いたように、髪の毛が丈夫に育つには頭皮の環境を整える、つまり栄養素をしっかりといきわたらせることが重要となります。

 

タンパク質

 

髪の毛の主な原料はタンパク質となります。日本人は昔から草食・魚介類を中心とした食生活で過ごしてきたので、体質的に植物性・魚介類のたんぱく質が体に合っています。髪の毛もそれは同じで、不飽和脂肪酸の多い魚介類の方が健康にとっても髪の毛にとってもよいでしょう。

 

オススメ食材:大豆、枝豆、魚介類(イワシ、サンマ)

 

ビタミン類

 

タンパク質を体内で利用可能な状態にするのがビタミン類です。タンパク質だけ摂取していても、ビタミン類がなければ髪の毛を生成する効率が落ちてしまいます。

 

ビタミン類の中では、ビタミンA、B6、Eが髪の毛の生成に深く関わっています。

 

育毛剤で直接頭皮に栄養素を与えるのもアリ

適した食べ物を選んだり、食生活を改善するのも産後の抜け毛予防では重要ですが、産後はどうしても忙しくなりがちで、食生活も偏ってしまいがちになります。

 

そんなときは、育毛剤の力を借りるというのもアリでしょう。女性専用の育毛剤であれば、女性の髪の毛の育成に必須となる成分が多く含まれており、頭皮に直接つけることで効率よく髪の毛に必要な栄養補給をすることができます。

 

もちろん育毛剤を使うからと言って食生活がいい加減でいい、というわけではありませんが、できるだけ食生活が偏らないように意識しつつ、育毛剤に産後抜け毛の改善をサポートしてもらうというのがおすすめの方法です。

 

頭皮を清潔に保つ

 

頭皮が汚れている、毛穴に皮脂が詰まっているなどの状況は、頭皮にとっては最悪の環境と言えます。産後の抜け毛はホルモンバランスの乱れが主な原因なので、頭皮環境は関係ないと思うかもしれませんが、頭皮環境が荒れていると治るものも治らないという状況になりかねません。

 

赤ちゃんの世話で忙しく、なかなかお風呂に入れない、ヘアケアできないといった状況になることも多いかと思いますが、頭皮環境はなるべくきれいに保つようにし、間違ったヘアケアを行わないように気をつけていきましょう。

 

>>産後抜け毛ケアのシャンプー・トリートメントの使い方

 

また、パーマやヘアカラーなど、頭皮に負担のあることを避けることも重要となります。

 

>>産後の抜け毛にパーマやカラーは絶対NG?

 

ストレスをケアする

 

産後は何かと忙しく、未経験のトラブルも多くふりかかってきます。そのため普段に比べてずっとストレスの多い環境の中で過ごすことになります。

 

そのため、ただでさえストレスの多い生活となるわけですが、そこに産後の抜け毛が重なると、パニックになって大きなストレスを抱えることになりかねません。実際、産後の抜け毛がきっかけとなり、ストレス性の円形脱毛症になってしまう例もあるほどです。

 

そうなってしまうと、産後の抜け毛の予防どころではありません。なので、ストレスは産後抜け毛予防の大敵といってもいいでしょう。

 

ストレスのケアはなかなか難しい問題ですが、たまに子育てを誰かに変わってもらい、どこかに外出してストレスを発散するとか、家に誰かを招いて食事会をするなどの方法でリラックスする環境を作っていくのがよいでしょう。

 

あとは、アロマテラピーなどで落ち着く環境づくりをするのもオススメです。