産後抜け毛ケアのシャンプー・トリートメントの使い方

産後抜け毛のシャンプー対策は効果あるの?

産後の抜け毛を、シャンプーやトリートメントで治す、ということは難しいです。基本的に、シャンプーには育毛成分が含まれていないので直接抜け毛に効果を発揮することはないからです。

 

しかし、シャンプーの仕方を改善することで、頭皮を清潔に保ち、産後の抜け毛をできるだけ早く治す環境作りをすることは可能です。逆に言えば、シャンプーのやり方が間違っていると頭皮の乾燥などを招き、産後の抜け毛がなかなか治りにくくなるという事態もありえます。

 

そのため、ここでは頭皮ケアにつながるシャンプーのやり方を解説します。自分の方法と違うところはないか確認しておきましょう。

 

髪をブラッシングする

すぐに髪を洗うのではなく、事前にブラッシングをすることをおすすめします。まず、髪についたホコリなどのゴミを取り除いておくことで、髪のもつれ、絡みをケアすることができるのです。さらに、ブラッシングによって頭皮マッサージの効果を与えることもできます。

 

なお、ブラッシングは強くやらないように気をつけましょう。ブラッシングをしてももつれがなかなかとれないことがありますが、だからといって強くブラッシングすると髪の毛を抜いてしまうことになりかねません。軽いもつれをとるだけ、というつもりでやさしくブラッシングをしましょう。

 

お湯でしっかりとすすぐ

 

シャンプーを付ける前に、お湯でしっかりと髪の毛を洗い流します。ブラッシングと同じで、お湯で流すことで髪の毛についているホコリやゴミ、汗などを取っておくのです。たいていのゴミは水溶性なので、お湯だけで大半は落とすことが可能です。

 

さらに、頭皮にお湯がかかることで、毛穴につまった皮脂を浮き上がらせて洗い流すこともできます。

 

実際、お湯でじっくりと洗い流すだけで、髪の毛の汚れは70%ほどが除去できるのです。

 

少量のシャンプーを頭皮につける

 

やっとシャンプーの出番となりますが、量はかなり少な目でOKです。指先に少しだけつけ、泡立ててから頭皮につけましょう。大量の泡を作ったからと言って汚れがたくさん落ちるわけではないので、一生懸命泡立てなくてもかまいません。また、髪の毛全体に付ける必要もありません。

 

頭皮をマッサージする

 

全体の頭皮にシャンプーがついたら、指の腹でやさしくマッサージしていきます。シャンプーによってすべりがよくなるので、力を入れなくても全体をマッサージすることができるはずです。

 

ポイントとしては、指の腹以外はなるべく動かさないこと。手を全体的に動かすと髪の毛の上を指が滑ることになり、脱毛に繋がってしまうことがあります。髪を洗うのではなく、頭皮をマッサージするという感覚を忘れないようにしてください。

 

髪の毛については、頭皮マッサージをしている間に流れ落ちたシャンプーで十分きれいになります。気になるようなら、手に残っている泡で髪の毛を軽くなでればOKです。

 

お湯でじっくりとすすぐ

 

シャンプーをすすぐ時間は10分程度確保しましょう。シャンプーに使った時間よりも長くするというくらいの感覚でも問題ありません。とにかく、髪や頭皮に一切シャンプーが残らないように気をつけるべきです。

 

襟足や耳の部分はシャンプーが残りやすいので、しっかりと洗い流しておきましょう。

 

トリートメントは頭皮につけない

 

トリートメントは頭皮にとっては負担にしかなりません。なので、できるだけ頭皮にはつけないように気をつけ、髪の毛先につけるだけにとどもえておきましょう。毛先につけるだけでも、髪のツヤ・コシを付ける効果は十分にあります。

 

時間をかけて頭皮を洗ったのですから、最後にトリートメントで台無しにしてしまうのは避けましょう。