頭や髪の毛のダニや細菌がかゆみを引き起こす?

昔、「誰の顔にもダニがいる!」というテレビ番組を見て驚いた方もいるでしょう。顔の上をダニが徘徊している拡大映像を見てゾッとした人も多いかもしれません。当然、頭皮も皮膚の一部なので、数多くのダニが潜んでいます。また、それだけでなく細菌も大量に存在しています。

 

ダニについては、「デモデックス」と呼ばれる皮膚ダニ、もしくはニキビダニの一種で、人間の体には皮膚線の多い顔、頭皮の毛穴に生息しています。実はこの皮膚ダニは、1つの毛穴に平均2匹ほどいると考えられています。人間の頭皮の毛穴は10万個あるわけですから、頭皮全体ではおよそ20万匹もの皮膚ダニが潜んでいるわけです。皮膚ダニは頭皮からにじみ出る皮脂を食べて生きています。

 

そして細菌ですが、こちらの方はなんと1000億個も潜んでいると言われています。

 

「なら、頭をもっと洗わないと!」という考えになるかもしれませんね。しかし、実はこの感情こそが間違いなのです。頭皮のトラブルの大半は、この「清潔信仰」からきていると言っても過言ではありません。

 

拡大映像で見るとダニも細菌もかなりグロテスクですから、悪いもののように思えます。しかし、実のところは頭皮にはなくてはならない存在なのです。

 

例えばダニに関しては、不必要な皮脂を食べて頭皮を清潔に保つ働きをもっています。清潔にしようとして髪を洗いすぎると、逆にダニを洗い流して頭皮が不潔になってしまうというわけです。

 

>>産後抜け毛ケアのシャンプー・トリートメントの使い方

 

細菌に関しては考慮が必要

 

細菌に関しては善玉菌と悪玉菌があるので、少し気を付ける必要があります。善玉菌というのは、言い換えると「常在菌」のことです。黄色ブドウ球菌、アクネ菌、マラセチア菌などが常在菌となります。これらの菌は不要な皮脂を取り除き、悪玉菌を減らして体の菌に耐える力を維持する作用があります。マラセチアなどの真菌類も、皮脂を脂肪酸に分解するため頭皮の角質を新陳代謝させる作用があります。

 

一方悪玉菌は「一時菌」のことを指します。具体的には連鎖状球菌、大腸菌、枯草菌、緑膿菌などになります。一時菌とは文字通り一時的に出現した菌のことで、外部から飛来してくる菌のことです。外出時に飛来して髪に付着することで繁殖し、炎症などを起こしてかゆみやフケなどを起こします。

 

悪玉菌は定期的に取り除かないといけないので、どうしてもシャンプーは必要となるわけですが、かといって強く洗いすぎたりひんぱんに洗ったりするとドライ頭皮の状態となります。なので、お風呂に入ったのに一時的に強いかゆみを感じたときは、お湯だけで頭皮をよく洗うとよいでしょう。

 

やっかいなのが、善玉菌も増殖しすぎると悪玉菌に変わってしまうことです。たとえばアクネ菌は増殖しすぎると必要な皮脂も食べてしまい、刺激の強い遊離脂肪酸を生み出してしまうためかゆみやしっしんにつながることがあります。さらに、真菌類は増殖しすぎると新陳代謝が活発になりすぎてしまい、大量のフケを発生させることがあります。皮膚ダニも、増殖しすぎると皮脂を食べつくしてドライ頭皮になるおそれがあります。

 

もし急に頭皮がかゆくなったり、フケが出る、赤くなるなどの症状が現れたら、常在菌や皮膚ダニの以上増殖を気にしたほうがよいでしょう。

 

とはいえ、一番気をつけなければいけないのはシャンプーのし過ぎです。結局は、適切な頻度で適切なシャンプーをすることが最も重要なのです。もしもシャンプーの頻度を守っているのに頭皮の異常が長引く場合は、皮膚科の診察を受けてみましょう。