産後抜け毛危険度★★★★★

あなたの産後抜け毛危険度は「★★★★★」

極めて危険な状態です。産後の抜け毛が長期化するリスクが積み重なっており、治るのに時間がかかる、もしくはずっと改善しない可能性すらあるでしょう。

 

速やかに生活習慣を見直し、育毛剤の助けも借りてなるべく早い改善を目指すべきです。

 

危険度チェック解説

 

年齢 高齢出産になると、産後の抜け毛が治りにくくなることが多いようです。
髪形 超ロングだと髪の毛の重さによって抜け毛が増えやすくなるほか、髪を結ぶと引っ張られて脱毛につながることも。
シャンプーの回数 シャンプーの回数が多すぎると、頭皮に必要な善玉菌なども流してしまうので頭皮にとってマイナス。だからといってシャンプーをしないのも頭皮が不潔になるので、2日に1回程度がベターです。
パーマやカラーの頻度 パーマやカラーは頭皮の負担が大きいのでできれば避けて。年に1回程度ならまだ影響は少ないですが、それでもしないにこしたことはありません。
スタイリング剤の使用頻度 スタイリング剤も頭皮の負担になるのでなるべく使用はやめましょう。イベント時など、どうしても必要なときだけにした方が無難。
好きな料理 脂っこい料理は頭皮の皮脂を増やす原因になり、産後の抜け毛の改善を遅らせることがあります。できるだけ魚介類や野菜を中心に食生活を改めましょう。かといってタンパク質不足は髪の毛の原料不足になるので、ある程度は肉も食べたほうがいいです。
睡眠時間 睡眠不足は頭皮にとっても悪影響。6時間以上の睡眠時間は確保したほうがいいでしょう。
ストレス ストレスは体に悪いだけでなく、頭皮にも大きな影響を与えます。なるべくリラックスし、イライラの少ない生活を。アロマテラピーなどの活用もおすすめです。
出産回数 初産よりも、2人目、3人目の方が産後の抜け毛がひどくなる例が多いです。2人目以降の赤ちゃんを産むときは、事前に産後抜け毛予防をすることも大切。

 

↓産後抜け毛の早期解決に欠かせない育毛剤↓
ベルタ育毛剤